あらゆる水回りの機器で排水管水漏れが発生する原因

あらゆる水回りの機器で排水管水漏れが発生する原因 排水管 水漏れは、住生活をしていると起こりうる問題の一つです。蛇口のレバーや水回りの排水管など、機器の不具合や経年劣化から、水漏れが発生してしまう可能性があります。少々なら問題ないと判断をして、放置をしてしまう方もいますが、様々なリスクに繋がりかねません。被害が大きくなり、場合によっては建物内の壁や床などが湿ってカビが繁殖することもあります。また、水漏れが起こっている状態で水道を使用していると、料金が嵩んできます。排水管など水のトラブルが起こる原因や症状を把握したうえで、適切な対応にあたりましょう。

■水漏れの原因と起こりうる場所について

水回りの機器は、建物の中で複数あります。浴室では、シャワーや蛇口など設備の劣化により起こります。浴槽がある場合、外部からの衝撃によってひびが入り、水のトラブルの原因に繋がります。生活場面では、シャワーヘッドを落としてしまったり、浴槽におもちゃなど異物を強く落とした場合には注意が必要です。少なくとも、衝撃を受けた箇所の周辺は、異常の有無を確認してください。また、洗面所の場合には、洗面台にガラス製の化粧水など固いものを落とすことで、ひびが入ってしまいかねません。それが原因で、水漏れが起こることがあります。
排水管が確認できる所では、接続部分が緩んでいたり部品の劣化に伴って、水のトラブルが考えられます。普通に使用しているにもかかわらず異音が出たり、床の周辺にシミが生じた場合は、排水管 水漏れが疑われます。自分で確認することが難しい場合は、メンテナンスを兼ねて専門業者に相談をしてください。

■水漏れは自分で確認できるか否か
水漏れの原因は、自分で調べることができると、次の手立てをとりやすくなります。浴室は、使用後は水滴が残って濡れていたり、湿度が高い状態となっています。使用後に蛇口やシャワーを含めて水滴を拭き取ることや、室内換気をすることでも水漏れの早期発見に繋がります。そのうえで異音がすれば、排水管 水漏れが生じている可能性があります。
水道メーターのパイロットの動きからでも、水漏れの有無を確認することができます。水を使用している場合は、動いている状態ですが、そうでない場合はパイロットは動きません。水道を使っていない状態で動いている場合は、トラブルが起こっている可能性が考えられます。

■目に見えない箇所の水漏れには注意が必要

風呂やキッチン内部にある排水管など、自分の目で直視できない箇所の水漏れも、起こりうる問題の一つです。
洗面台下にある排水トラップは、複雑な形状となっています。汚水などから発生する臭いが室内に入ってくるのを防ぐためです。その分、複数の接続部分があり、一か所でも不具合や緩みが生じると、水漏れが起こりかねません。定期的に洗面台下の接続部分や、排水トラップの状態を確認することで、水のトラブル回避に繋がります。
目に見えない箇所は、普段の生活で人が直接触れることはほとんどないため、硬いものの落下や衝撃が原因による水のトラブルが起きる可能性は下がります。しかし、地震などの衝撃を受けたら、この限りではありません。機器の接続にずれが生じたり、傷がつくことでも排水管 水漏れが起こります。地震が発生した場合は、水漏れの有無を確認すると良いでしょう。

■まとめ
排水管 水漏れは、接続部分の不具合や経年劣化でも起こります。特に固いものを水回りの機器に落下させてしまい、衝撃を受けることで水漏れの可能性は出てきます。また、地震による強い衝撃を受けた場合でも、排水管に傷が生じかねません。気になる症状が出た時は自分で確認をして、ケースによっては専門業者に相談をすると、トラブルを最小限に抑えられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース